プロに相談するのが一番|貸したいマンションがあるなら仲介業者へ

電卓と紙幣

アパート経営をする上で

自分の資産を増やすために、アパート経営をする人も少なくありません。家賃が高いと借り手が見つかりにくいですし、家賃が低いと収入が減ってしまいます。一旦家賃を下げてしまうと再び上げることは難しくなるので、周囲の家賃相場を知ることが大切です。

紙幣を数える人

初心者でも安心のサービス

airbnbの人気が高まっているため、部屋を貸すオーナーが増えています。長期出張の場合、部屋の管理が難しそうなイメージがありますが、代行サービスに依頼すれば観光客のニーズに合った部屋を提供できます。

不動産を活用するために

マンション

入居者を探すのは大変

マンション経営をする中で必要は業務はいくつもありますが、その中でも入居者を探すのは大変です。いくらマンションを貸したいと思っても上手く入居者集まらなくては貸すことはできません。自分で管理を行っている場合は看板や自分でインターネットを使って集客する方法もありますが、個人が入居者を確保するのは簡単な事ではありません。空室ができてから長い期間空室にするほど損失になるので、貸したいのに入居者が見つからないという場合は不動産の仲介業者を使うと良いです。仲介業者は不動産を貸したい人と借りたい人を結び付けてくれて、不動産仲介のプロであります。そのため集客力は素人のマンションオーナーとは比べ物にならないほど高いのです。仲介業者は店舗や集客力の高いウェブサイトで入居者を探してくれるので仲介手数料の支払いが必要ではありますが、それでも利用する価値があると言えます。仲介業者に入居者の募集を頼む以外には管理会社にサブリース契約で管理してもらう方法があります。サブリース契約では借り上げで管理会社がオーナーに一定の賃料を支払うようになっています。その為入居者の募集を代行してくれるだけでなく、入居者が見つからずに収益が落ちるリスクも代わりに負ってくれます。さらにその他の管理業務を管理会社が行ってくれるので、オーナーの負担は大幅に軽減されます。すぐにでも貸したいのに仲介業者を利用して入居者が見つからないというマンション経営者におすすめです。また空室による利益の不安定さを改善したい経営者にもおすすめできます。

模型と書類

経営と不動産の管理が必要

不動産投資による利益を得るためには賃貸経営を行う必要があり、それを続けるためには管理が欠かせません。賃貸管理には経営を行うための入居者に関する管理と不動産そのもののメンテナンスがあり、業者に委託することも多いのが特徴です。